コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

いじめについて

◎いじめの現状

いじめが社会問題と認識されて久しいが、未だにその実態は把握されておらず、いじめを苦に自殺するケースが後を絶たない。

大津市の中学生がいじめを苦に自殺した問題は、その後半年も経ってから警察が強制捜査に踏み切るという異例の事態に及び、学校や教育委員会に対する不信感が高まっている。

実は私の甥も、昨年イジメが発覚して大騒ぎになったが、その時の学校側の調査対応も至らぬものであった。

学校側の対応は何故お粗末になりがちなのか?
子供をいじめから守るにはどうしたら良いのか?
本稿では、甥の事例をモデルケースとして、詳しく解説する。



◎学校側の調査結果

私が甥の件をはじめて知った頃、学校側の調査は一段落した後だった。それによると、中学生の甥は休日に校外で友人達に性的行為を強要され、それを携帯カメラで撮られた上、メールでクラス中にばらまかれた、とのこと。

この事件は、甥が友人から財布を三度も買わされて、不審に思った姉(母親)が甥を問い詰めたことがきっかけで発覚した。
(自首者や告発者は一人もいない)

学校側は加害者と親を集め、調査結果を説明し、厳しく説教した。その後、被害者の母親である姉にこう告げた。
「学校側でできるのはここまでなので、警察に被害届を出すかどうかは親御さんが決めてください」



◎中途半端はNG

私はこの話を聞いて「これじゃダメだ!」と強く感じた。いじめは発覚しにくいものであるが、一度発覚した以上は徹底的にやらねばならない。中途半端な対応は逆恨みを招き、(ほとぼりが冷めた頃を見計らって)いじめが更に激しくなる恐れがある。

徹底的とは、加害者が‘心から反省する’か‘こいつに手を出したらこっちがヤバイ’と思うまでやる、ということであるが、親や先生が説教しただけで心から反省する素直な良い子なら、ここまで酷いことはしないだろう。



◎被害者の母親の心境

私に事の顛末を説明し、相談を持ちかけたのは姉(=被害者の母親)だが、その姉に対しても「これじゃダメだ!」と感じることがあった。

我が子が酷いいじめを受けていたという事実にショックを受け、
「でも、うちの子にも落ち度はあるし、もうどうしたらいいかわからなくて…」
姉が私に対して弱音を吐いたのは、恐らく初めてである。
私は姉に同情する半面、「だからダメなんだ!」と感じた。

姉の反応は、常識的かつ世間体を気にする一般的な母親の反応である。彼女達はいじめの実態を知らず、いじめとけんかの違いすら理解していない。けんかは両成敗でもOKだが、いじめを両成敗で片付けたら、救える子も救えない。

実際、甥は学習障害の疑いがあり、成績も素行も良くない。悪意は無いが常識に欠け、(本人が気付かずに)周囲に迷惑をかけることも多い。彼の存在を不快に感じた連中が、彼に罰を与えるという大義名分で周囲を黙らせた可能性も考えられる。

しかし、いじめは「最初に悪いのは誰か?」が問題ではない。例え甥に落ち度があったとしても、過大な罰を与える口実にはならない。私は姉にこう告げた。

「赤信号を渡るのは悪いことだ。だからと言って、赤信号を渡る人をひき殺して良い道理は無い。我が子がひき殺された時も『赤信号を渡ったうちの子も悪かったから仕方ない』と言うつもりか?」


○追記(2012/8/15)
念のため補足すると、
A:ブレーキを踏んだが間に合わなかった
B:邪魔なので跳ね飛ばした(殺すつもりはなかった)
ここではBのケースを想定しており、事故というより殺人に近い。




◎親の責務

本件は、犯罪に抵触する行為(もし大人の世界で被害者が女性であれば、強姦脅迫罪に問われる行為)であり、「最初に悪いことしたのはアイツだ!」とか「冗談のつもりだった」で済む話ではない。慰謝料かブタ箱行きの話である。
(後日、警察の担当者に問題の画像を見せて相談したら「これは慰謝料を請求できるレベルですね」と言われた)

しかし今回は加害者が子供なので、罪の重さを自覚させ、心から反省を促すと共に、再発防止を優先したい。だが、被害者の親が最初から「うちの子も悪かったから…」などと言えば、加害者は「ほら見ろ!アイツも悪かったからお互い様だ!」と思ってしまい、自らの罪の重さに気付けない。

私は姉の説得に成功した。姉は、「自分がしっかりしないと、我が子を救えない」という事実を認知し、その後は義兄(甥の父親)と共に学校や警察に積極的に相談を持ちかけ、加害者側が改めて謝罪することで話はまとまりつつあった。



◎新事実発覚

大人達の話がまとまりつつある中で、私はまだ「甥はもういじめられないだろう」という感触を得られずにいた。

その原因をよくよく考えて突き詰めると、これほど酷い行為が突発的に発生するとは思えないという違和感であった。つまり、いじめは以前から多発していたと考えるのが妥当であろう。私は甥の部屋に二人きりとなって、聞き取りを試みた。

実を言うと、私はそれまで姉一家と疎遠で、甥と話したことは殆ど無かった。本件を姉から初めて聞いた時、甥は「何で言ったんだ!」と姉を激しく罵倒した。甥としては、不名誉な話を他人に聞かれたくなかったのであろう。

しかしその後の私の対応を見て、すっかり信用してくれたらしく、彼はそれまで誰にも話さなかったことを打ち明けてくれた。小学校の頃から何度もいじめを受けたこと。いじめが発覚したこともあるが、中途半端な対応でさらに酷くなったこと。性的被害は過去にもあり、加害者は部活など他にも沢山いること。

何故誰にも話さなかったのか聞き出すと、加害者側に親しい友人が含まれるので、彼をかばっていたらしい。また、大事(おおごと)になって部活が停止や廃部になるのを恐れたようだ。私は甥にそういう一面があることを知り、彼に対する認識を改めた。

私は甥を説得し、この話を両親に打ち明けることに同意してもらった。



◎修羅場

両親に新事実を打ち明けると、姉は凄まじい剣幕でまくしたてた。
「なんで今更そんな事を言うの!聞かなかったことにするからね!!」
私は驚きのあまり、一瞬言葉を失った。
(子供が勇気を出して告発したのに、なんて酷い母親だ。子供が言い出せなかったのも無理ないな…)

しかし私が反論する前に、それまで黙っていた義兄(甥の父親)が怒りを爆発させた。
「いいや全部ぶちまける!特に部活の連中は卑怯で許せん!」

義兄は、最初の一件が発覚した後、部活の同期達が口止めしたことに激怒した。部活の同期達曰く「部活の件が発覚すると部活停止になる。俺達はいいが、3年生が大会に出れなくなると気の毒だから、部活の件は黙っててくれ」

義兄は、3年生をダシに自分達の罪を隠蔽しようとした連中が許せなかった。普段無口な義兄が、姉の反対を押し切って「絶対に全部ぶちまける!」と意気込み、大事にしたくないと心配する甥に対して「いざとなったら転校させてやる!!」と断言した。

ここまで来れば、もう私の出る幕は無い。私は義兄に対する認識を改めた。

帰り際、私は義兄から「いろいろありがとう」とお礼を言われ、私はこの日初めて義兄や甥と心から通じ合った気がした。(ちなみに、姉はこの時点ではまだ釈然としない様子であったが、後日「自分は悪い母親だった」と反省した)



◎後日談

全ての事実がぶちまけられると、甥は部活の連中から「何で言ったんだ!」「お前さえ黙っていれば…」と非難された。だが、しばらくすると態度が変わり、「お前は悪くないよな…」と謝ってきたらしい。

甥からこの話を聞いて、私は「もう大丈夫だろう」と確信した。全ての子が反省したという確証はないが、「あいつをいじめると大人達に筒抜けで叱られる」という認識は浸透したようなので、もし逆恨みした子がいたとしても、従来のように軽々しく手は出せないはずだ。

甥ははじめ
「大事になればなるほど自分の立場が悪くなる」
「自分のことでこれ以上周りに迷惑をかけたくない」
と考えていたらしい。

しかし、全てを白日の元に晒した結果、最終的にはいじめを脱し、人間関係も改善したようだ。



◎信頼されない大人達

今回の件で私が強く感じたのは、子供達の‘大人達に対する不信感’は想像以上に根強い、ということ。

最初の一件が発覚した後、学校側は子供達の携帯を押収したり、聞き取り調査を実施した。しかし誰一人として、証拠を突きつけられた以上の事実は告白しなかった。加害者はもちろん、メール受信者も被害者さえも、頑なに口を閉ざす。下手に告げ口すると、加害者達の逆恨みを買い、自分がもっと酷い目に合う事を恐れている。

これは要するに、中途半端な対応しかできない大人達よりも、いじめっ子達の報復攻撃の方が恐ろしい、ということだ。大人達はそこまで見透かされ、ナメられている。

事実、学校側は氷山の一角だけ調査していじめの全容を解明したと考え、「学校側で出来るのはここまでです」と自ら述べた。常識的に考えればその通りだと思うし、大津市の最悪なケースに比べれば、まだマシと言えるかもしれない。

しかし、そんな常識的で中途半端な対応しかしないから、いじめの実態は未だに把握されず、いじめを苦に自殺する子が後を絶たない。子供達を自殺から救いたいと本気で願うなら、子供達から信頼される大人になる必要がある。

・この人は信用できる(嘘を言ったり裏切ったりしない)
・この人は信頼できる(今より良い状況にしてくれる→中途半端な対応で悪化させたりしない)

子供達から信用と信頼を両方勝ち取って初めて、子供達は重い口を開く。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。